Javaにおける例外(Exception)の扱い方について

チェック例外と非チェック例外(ExceptionとRuntimeException)

チェック例外(Exception)

チェック例外(検査例外)とは、例外が発生した場合にcatch節で捕捉し処理するか、throws句を記述するかしないとコンパイルエラーが発生するため、例外発生時の対処をプログラムで強制される例外です。JavaにおいてはExceptionクラスとそのサブクラス(RuntimeExceptionを除く)が対応します。

非チェック例外(RuntimeException)

非チェック例外とは、通常、例外が発生した場合にcatch節やthrows句で対応してはならない/対応する必要はない例外です。スローされた例外に対してcatch節を記述したりthrows句を記述しなくてもコンパイルエラーは発生しません。JavaにおいてはRuntimeExceptionとそのサブクラスが対応します。